人間の集中力の限界



人間の集中力とうのは果たして
どのくらいが限界なのでしょう。


一般的には90分と言われていますが、これは
主に学生など若い人に当てはまるものです。



集中 力は90分が限界というものの、
集中力の波は15分周期と言われています。



特に小学校低学年の段階では、この周期が
はっきりしていて、15分で飽きがきま す。



それが高学年になると、次の波に乗れるようになります。



小、中、高校は45~50分を一時限としていて、
大学では90分を一時限の長さとして設定
して いるのは、そのゆえんです。



ちなみに会議通訳の世界では、実際の集中力の持続時間は、
15分が限界だと言われています。そのため、会議通訳は
3人1組に なっていて、15分ごとにローテーション
で回すようになっています。



会議通訳は、五感のうち4つをシャットアウトして、
神経を耳だけに集中させて口を自動 的に動かすという
作業をフルスピードで行うので、15分が限界になります。



人は普通どのくらい集中できるのか、医学的見地から
考察すると、40分程度と言 われています。



効率よく集中するには、脳をたまに解放する
ことが大切で、散歩が良いと言われています。


足の筋肉を動かすことで、脳が活性化します。





メルマガ『一瞬で脳を集中状態にする方法』
メールアドレス ※

このページ の先頭へ

ゲーム