タバコと集中力



タバコを吸うと集中力が上がるという説があります。



それは、タバコのニコチンが脳内の
神経伝達物質アセチルコリン受容体と結びつくことで、
前頭葉の大脳皮 質が活発になり、集中力が高まるからだ
と言われています。



実際、タバコを吸っているときに頭がスッキリして
色々なアイデアが浮かんでくる方もいると思いま す。



しかし、タバコを吸っているときは頭がすっきり
していても、タバコを吸っていないときは逆に
イライラしたり、集中力が著しく低下するという
ことも喫煙 者であれば経験があると思います。



確かに、ニコチンがアセチルコリン受容体と
結びつくことで、ドーパミンが分泌されやすく
なりますが、本来受容体と結びつ くはずだった
アセチルコリンが余ると、脳はさらに
受容体の数を増やすようになります。



ただし、新しく分泌される受容体はニコチンと
結びつきやすい形に変形 しており、通常の
アセチルコリンとは結びつきにくくなってしまいます。



そのため、ニコチンがないとドーパミンが分泌
されないという状態になり、タバコを吸 わないと
一般的な集中力さえ発揮できないという事態に陥ります。



また、タバコを吸うと脳血流が低下して
脳の機能低下が起こります。



そのため、タバコを吸う ということは
かえって集中力を下げることに繋がります。





メルマガ『一瞬で脳を集中状態にする方法』
メールアドレス ※

このページ の先頭へ

ゲーム