部屋の環境と集中力の関係



部屋の環境を整えることで、集中力を
アップさせる効果があることが分かっています。



勉強に身が入らない、何となくぼーっとしてしまう、
眠くなってしまう、 などの悩みを抱えている人は、
部屋の環境と集中力の関係を知っておくと改善できる
かもしれません。



集中力を上げるポイントのひとつは室内温度です。



部屋の 温度が暑かったり、暖かすぎたり
すると、集中力はダウンします。



頭寒足熱という言葉がありますが、まさにそれで、
温度が高い環境では脳に血が集まりすぎ、
活力が低下してしまうのです。



勉強しようと言う時に脳が
働かないのでは意味がありません。



集中力を高めるためには、寒い冬は暖房よりも
足元をヒーターなど で温める方が効果的です。



頭を冷やすこと、部屋を暖めすぎない
ことが集中力には必要になりますよ。



音も集中力と関係が深い要素です。



これは個人差があるの ですが、静かな環境の方が
集中力が上がるタイプと、多少の雑音などが
あった方が良いタイプがいます。



環境を整える際は、自分がどちらのタイプなのか、
両方 を試してみると良いでしょう。



静かな環境のためには耳栓も用意してもいいですね。



多少の音がある環境は、小さく音楽を流したり、


カフェや図書館で勉強して みるのも分かりやすいです。




メルマガ『一瞬で脳を集中状態にする方法』
メールアドレス ※

このページ の先頭へ

ゲーム