集中力と光の関係



集中力が続かず、どうしても他に気が
散ってしまう、そんな悩みはありませんか?


実はその原因は光にあるかもしれません。


集中力と光の関係で、まずポイント に
なるのは太陽の光です。



太陽の光を毎日、適切な量を浴びていないと
集中力が低下してしまうのです。



人間の体は太陽の光で体のリズムを整えています。



太古 の昔から陽光を浴びて生きてきた
人類にとって、その光を浴びなくなる
というのは体調を崩す原因になります。



夜型人間が増えていると言いますが、
それは人類 の歴史に比べればここ最近の話です。



朝日の光を浴びるだけでも生体リズムが整い、
日頃の怠さや疲れ、眠気などがスッキリなくなり、
体調も集中力にも良い影 響を与えますよ。



集中力と光の関係は、室内照明でも変化します。


集中力を上げるのに良いとされるのは、
青い照明です。



青色には心理的なリラックス効果があ り、
集中力をアップさせると言われています。



勉強や仕事などの作業を行う際に、
部屋の照明を青くし、手元は白色スタンドなどで
机上を照らすと、集中力アッ プ効果が得られます。



この方法では自然と青の空間が気にならなくなり、
白く明るい空間のみに集中できる効果があります。



作業効率が上がり、時間感覚も短く
なったように感じるようです。





メルマガ『一瞬で脳を集中状態にする方法』
メールアドレス ※

このページ の先頭へ

ゲーム