発達障害と集中力



発達障害といっても、年齢や状態、症状により、
バラバラですが、集中力に関して例をあげますと、
自閉症、アスペルガー症候群などの広汎性発達障害の
人に関 しては、自分の世界に入りやすい傾向で、とくに
自分の好きな作業をしている時には、周囲の物音や会話が
耳に入らないほど集中します。



そういった意味では、 通常発達の人と比べ、
集中力が長けているといえます。



学習障害の人も個人差がありますが、計算するや
本を読むなど、自分ができることに関しては、
集中して 作業をすることができます。



しかし、自分ができないことになりますと、
一応は頑張ってみるものの、何度もやっても
できないので、次第に集中力が途切れま す。



また、ADHDと呼ばれる注意欠陥・多動障害の人は、
元々「物事を注意してみる」「集中して長時間作業を行う」
いうことが苦手なので、他の発達障害と 比べ、
集中力が散漫になりやすいですね。



最近では、発達障害に関する書籍も増えてきているので、
何かおかしいなと気づいたら、医療機関や福祉センター等で
発達相談をし、低年齢のうちに発達障害が発見すれば、
改善する方法が増えてきています。



しかし、早期発見、早期治療が一番改善するには
適しているとはい え、大人の発達障害に関しては、
まだまだ日本は遅れているのが現状ですね。





メルマガ『一瞬で脳を集中状態にする方法』
メールアドレス ※

このページ の先頭へ

ゲーム