集中力を下げてしまう病気



集中力を下げてしまう病気と言えば、
うつ病が挙げられます。



うつ病になると頭がボーっとすることが
多いので、どうしても集中力を欠きます。


一般的には、う つ病などのように
心の病気が大きく関係しています。



集中力が低下しやすい病気には、他にも、
躁うつ病、統合失調症、不安障害などがあります。



こうした病気 が原因で物事に集中して
取り組めないようになることがよく起こり得ます。



心の病気は気付くのが早ければ早いほど
処置しやすいので、日頃から常に心の病気に
対してはアンテナを張っておくことです。



うつ病以外で集中力が落ちる病気には、
脳神経系の病気もあります。



また、これは病気とは言えないかもしれません が、
低血圧や高血圧の人でもそうなる可能性があります。



そして、更年期障害などでも集中力が落ちます。



歳をとると何となく体がだるくてやる気が
おこらない 場合もあり、これは病気ではない
のですが各段に集中力が低下します。



そうした場合は、軽い運動をしたり、
バランス良い食事を心掛けることです。


また、でき るだけ体を冷さないようにすることです。






メルマガ『一瞬で脳を集中状態にする方法』
メールアドレス ※

このページ の先頭へ

ゲーム