集中力を高める休憩の取り方



集中力を高めるには、適度の休憩が必要です。


勉強や作業をする際、気になるのが集中力で、
どうしても持続できないで困ることがよくあります。


集中力がない と、他人と同じ時間勉強を
しても大きな差が出てしまいます。



集中力を飛躍的に上げる方法があり、
それは休憩の取り方を工夫することです。



集中力を高めるに は、長時間勉強をし続けるのは
ダメで、休憩を工夫して取ることが非常に大事です。


一番いいのが、30分に10分程度の休憩を取ることです。



脳は、つらいこ とには敏感なので、
長く勉強を続けていると、つらい感情が
大きくなってきて、集中力を低下させる
ことになります。



そんな時、休憩時間を取ることで、
脳が活 性化するのです。



脳が集中できる時間はせいぜい30分で、それを
超えると脳はつらいと感じるようになります。



だから、30分に一度、休憩を取ることで、
脳 はつらい状況から解放されるわけです。



仕事などで集中力を高める場合、
8時間労働の中で、2時間おきに10分休憩を
取るという休憩の取り方がおすすめで す。



1日に3回の休憩を取るだけで、ダラダラ
仕事を続けるより、かなり成果は上がります。






メルマガ『一瞬で脳を集中状態にする方法』
メールアドレス ※

このページ の先頭へ

ゲーム